【超推薦】過去最高の映画!人生感変わります

URLをコピーする
URLをコピーしました!
たかゆー

タイトル通り、僕はいい映画とはこんな映画だなーと感じました。

かめ子さん

ヒロインもかわいいんですよねー

たかゆー

何気ない、変わらない日常、捉え方次第で幸せな時間に・・・

それは

「 アバウト・タイム 愛おしい時間について

「ラブ・アクチュアリー」「ノッティングヒルの恋人」のリチャード・カーティス 最後の監督作品

幸せとは何か ―― 人生を彩る愛と時間について

今日という日を生きる それが人生を素敵にする――

2013年製作/124分/G/イギリス
原題:About Time
配給:シンカ、パルコ

そんな作品を無料で見るならこれ!!

休みの日を充実してくれること間違いなし!!

視聴できるのは ↓

Amazonプライムビデオ

プライムビデオは、Amazonプライム会員(年会費4900円、月額500円いずれも税込)の目玉特典です。

プライム会員は、追加料金なしでドラマや映画、アニメ、バラエティまで豊富なコンテンツが見放題になるほか、音楽聴き放題サービス「Amazon Music Prime」対象のKindle本が読み放題の「Prime Reading」 など会費内で同時に数多くのサービスを利用できます。

Amazonプライムビデオ であれば無料で視聴できます。

目次

作品情報

世代を超えて感動できる高い作品クオリティ!
【2014年an.anエンタメアワード 心に残る映画・ドラマ・本の映画部門」第1位! ! 】

【ぴあ初日満足度ランキング 92.1%! 】
クオリティの高さは折り紙つき。単なる恋愛ドラマに留まらず、家族・友人・仕事仲間など関わる全ての人々への愛情を描き、男女を問わず観る人々の心をしっかりと掴んで離さない

愛おしいこのひと時ひと時、愛おしい人生、愛おしい映画
脚本家として『フォー・ウェディング』『ノッティングヒルの恋人』、監督として『ラブ・アクチュアリー』、恋愛映画の名手リチャード・カーティスによる監督作。

2013年製作/124分/G/イギリス
原題:About Time
配給:シンカ、パルコ

あらすじ

イギリス南西部でティム(ドーナル・グリーソン)はちょっと風変わりな両親と妹、伯父ら家族とともに暮らしていた。

家族との仲は良好であるものの、自分になかなか自信が持てず、恋人ができないでいた。

21歳の誕生日を迎えた日、ティムは父(ビル・ナイ)からある秘密を告げられる。

それは、一族に生まれた男子にはタイムトラベル能力が備わっているというものだった。

はじめは冗談かと思い信じることができないでいたが、能力の使い方を覚えてからは恋人を作るために繰り返しタイムトラベルをするようになる。

弁護士を目指すティムはロンドンへ移住、そこで出会ったメアリー(レイチェル・マクアダムス)に恋をする。しかしタイムトラベルしたせいでメアリーと出会っていないことになってしまう。

なんとか彼女の愛を得た後も、タイムトラベルを繰り返して人生の成功を掴もうとするティム。やがて、どんなにタイムトラベルをしようと誰にでも起こりうる不運や波乱を避けることはできないことを知り、本当の幸せに気付いていく……。

監督 リチャード・カーティス

オックスフォード大学で英語と文学を学ぶ。TVドラマの脚本家として活動し、TVシリーズ「Mr.ビーン Mr. Bean」(90~95)などに携わる。映画「フォー・ウェディング」(94)がアカデミー脚本賞にノミネートされて以降、「ノッティングヒルの恋人」(99)や「ブリジット・ジョーンズの日記」(01)、ゴールデングローブ賞で脚本賞にノミネートされた初監督作「ラブ・アクチュアリー」などのヒットにより、ロマコメの名手として知られるようになる。監督も務めた作品にはほかに「パイレーツ・ロック」(09)、「アバウト・タイム 愛おしい時間について」(13)がある。近年では「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」(18)で製作総指揮・ストーリー原案、ダニー・ボイル監督作「イエスタデイ」(19)で製作・脚本を務める。

ティム役(ドーナル・グリーソン)

イギリスのコーンウォールに住む、素朴で心優しい青年。家族のことを大事に思い、能力を手に入れることで愛する人を見つけようとする。ロンドンで弁護士として働き、父親の友人のハリーと暮らすことになる。暗闇のバーで出会ったメアリーと恋に落ち、能力を使って幸せな家庭を築き上げる。

アイルランドの首都ダブリン出身。父親は「トロイ」「ギャング・オブ・ニューヨーク」の俳優ブレンダン・グリーソン。父親の作品を見て俳優を志し、ダブリン・インスティテュート・オブ・テクノロジーで演技を学ぶ。01年、TVドラマに初出演し、舞台俳優としても活動、ブロードウェイ劇「The Lieutenant of Inishmore」(06)ではトニー賞演劇部門の男優賞にノミネートされた。俳優として活動する一方で、短編映画の監督に挑戦するほか、10年にはアイルランドのTVドラマ「Your Bad Self(原題)」の脚本も担当。その後、映画「わたしを離さないで」「トゥルー・グリット」(ともに10)に脇役として出演し、人気シリーズの最終章「ハリー・ポッターと死の秘宝」2部作(10、11)ではルパート・グリント演じるロンの兄ビルに扮し、「死の秘宝 PART1」では父親ブレンダンとも共演。「アンナ・カレーニナ」(12)ではリョーヴィン役を演じた。リチャード・カーティス監督の「アバウト・タイム 愛おしい時間について」(13)では主演を務め、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(15)にも抜てきされた。

メアリー役(レイチェル・マクアダムス)

(C)Universal Pictures

アメリカ出身で出版社で働いている。ケイト・モスの大ファンで、能力を使いケイト・モスが好きだと言ったティムと交際を始める。大人しい見た目をしているが、大胆で可愛らしい。子供を3人産み、育児と仕事を両立している。

子どもの頃からサマーキャンプなどで舞台に参加し、カナダ・トロントのヨーク大学で演劇を学ぶ。卒業後はカナダの映画やTVに出演し、2002年に「ホット・チック」でハリウッドに進出、学園ドラマ「ミーン・ガールズ」(04)で注目を浴びる。恋愛映画「きみに読む物語」(04)で日本でも広く知られるようになり、共演したライアン・ゴズリングとは一時期恋仲に。その後は「消されたヘッドライン」や「きみがぼくを見つけた日」(ともに09)などに出演し、大ヒットした「シャーロック・ホームズ」(09)と続編「シャドウ ゲーム」(12)ではアイリーン・アドラー役を演じた。その後は「恋とニュースのつくり方」(10)で主演を務めた他、ウッディ・アレン監督最大のヒット作「ミッドナイト・イン・パリ」(11)や、リチャード・カーティスの監督引退作「アバウト・タイム 愛おしい時間について」(13)、TVシリーズ「トゥルー・ディテクティブ」シーズン2(15)などに出演。社会派ドラマ「スポットライト 世紀のスクープ」(15)でアカデミー助演女優賞に初ノミネートを果たした。マーベル映画「ドクター・ストレンジ(原題)」(16年全米公開予定)への参加も決まっている。

ティムの父親 役(ビル・ナイ)

(C)Universal Pictures

21歳になったティムに家族の男性のみ与えられた、過去に戻れる特殊な能力について話す。子供を産んだ後に能力を使うと、子供が変わってしまう恐れがあることもティムに話す。癌に侵され亡くなってしまうが、メアリーが3人目を産む直前に、幼い頃のティムと会って誰もいない海辺で散歩する。

はじめはジャーナリスト、のちに小説家を志してパリに渡るが挫折し、ロンドンに戻って俳優を目指す。名門ギルドホール演劇音楽学校に学び、舞台で活躍。70年代からテレビや映画を中心に活動し、主に脇役でキャリアを積み上げていく。そして、老ロック歌手を好演した「ラブ・アクチュアリー」(03)で、英国アカデミー賞助演男優賞など数多くの賞に輝く。昨今では「アンダーワールド」、「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」、「ナイロビの蜂」といった話題作に出演。また、女優ダイアナ・クイックとは長年パートナー関係にある。娘は女優のメアリー・ナイ。

キットカット 役(リディア・ウィルソン)

ティムの妹で、いつも紫のトップスを着て裸足で自由気ままに生活している。変わっている性格をしており、愛情表現が独特だが家族思いの優しい子。変な男と付き合うことで事故に遭ってしまうが、ティムとメアリーの力を借りて更生する。

たかゆー

ネタバレもあるので注意です!

感想 レビュー

お得意の恋愛映画にプラスして、意外やタイムトラベルSF!

イギリス・コーンウォールに住む平凡な青年ティムは、21歳の誕生日、父から驚きの秘密を打ち明けられる。
代々我が家系の男たちには、タイムトラベル能力があるという…!

タイムトラベルと言っても、歴史を変えるとかは出来ない。また、金儲けとか欲に溺れると、ロクな事にならない。
あくまで自分の人生をより良いものにする為。個人的なタイムトラベル。

で、ティムくん、どんな事にタイムトラベル使ったかと言うと、日常の些細なミスや恥ずかしい事のやり直し。
口が滑ったり、躓いたりをやり直して無かった事に。
そんなしょーもない事にタイムトラベル使うなよ…と思うが、誰だって日常生活の中でちょっとしたミスをやり直したいと思う時が何回もある筈。

そこら辺を面白可笑しくくすぐるように描写。それに、そんなしょーもない事にタイムトラベル使うのならば一応問題ナシ。

彼の一世一代のタイムトラベル使用は、運命の出会いに。

ロンドンに出て、弁護士として働くティム。

ある日、魅力的な女性メアリーと出会い、一目惚れし、意気投合し、電話番号も交換する。

今まで恋愛に縁が無かった彼にとって、遂に訪れた春。

…ところが!

人助けでタイムトラベルしたら、彼女との出会いが無かった事に、やり直して、やり直して、今度は最高の形で出会い、あっという間にお互い恋に落ちる。

同棲、相手の両親に挨拶(勿論何度もやり直し)、こっちの両親に紹介、プロポーズ、結婚…。

子供が産まれ、全てが幸せ。

もうあまりタイムトラベルを使う事も無くなった。
じゃあ、何の為のタイムトラベル能力…?

こういうタイムトラベル映画あるあると言えば、一方を修正すると、一方に悪影響を及ぼす。
勿論本作にもそれはある。

良かれと思ってやった人助けが、メアリーとの出会いが無かった事に・・・

また、仲良しの妹の悲しい人生をやり直そうとタイムトラベルし成功するが、我が子に衝撃の影響が…!

とは言え、他のタイムトラベル映画のような歴史を変えてしまったレベルの悪影響や元の時間に戻れないとか、そういった大ピンチはナシ。

たかゆー

タイムトラベル映画としては甘々で理想的過ぎて、不満や物足りなさを感じる人も居るだろう。

でも本作はサスペンス的な作品ではなく、タイムトラベル能力を使って噛み締める、人生の愛おしさ、尊さ。

洒落っ気とユーモア抜群の台詞、センス、展開…。スッと引き込まれ、終始魅了される。

紅茶好きの母、天然の伯父、自由奔放な妹、おバカな友達、偏屈な父の友人の脚本家…愛着溢れる周りの人々。

そんな中でもやはり、ビル・ナイ演じる父。
平方でちょっと不器用で、自分そっくりな父とは大の仲良し。

結婚式でのスピーチが息子への愛に満ち溢れていた。

そんな父との別れの時が近付いていた。父が癌に侵されていた…。

決断迫られる。

タイムトラベルでいつでも父と会う事は出来るが、その代わり、ある事に影響及ぼす。

そちらを取るか、父を取るか。それは決まっていた。

親が先に逝くのは自然の摂理だ。

父はタイムトラベルをより良く使う秘訣を教える。はっきり言ってそれは、タイムトラベル能力者だけの特権。

でもそれは、我々一人一人への普遍的なメッセージでもある。

時は二度と戻らない だからこそ、このひと時ひと時がどんなに幸せに満ちているか。

愛おしい人々、愛おしい人生、全てが愛おしい。

見た人の評判良いのは知っていたが、なかなか見れる機会無く、やっと今頃になって鑑賞したが、評判違わぬ良作!
タイムトラベルして、早く見ろと過去の自分に言ってやりたい。

たかゆー

本当に、思っていた以上にむちゃくちゃ良かった

誰もが羨むタイムリープ
過去に戻ってやり直し出来るなんて羨まし過ぎる

だから尚更、ラストの主人公の選択は素晴らしい


毎日を1日1日を大切に

タイムリープ可能な主人公だからこそそれが胸打たれる

毎日を悔い無く過ごしたい!って素直に感じれるストーリーでした

あと親孝行はしたいなと感じれる映画でしたね

父親との最後の別れのシーンは涙が止まらなかった

いろいろ突っ込みどころとかもあるし

ん⁉︎ってなるところもありましたけど

印象的なシーンや大好きなシーン満載で

すっごく心に残る映画でした

誰にでもオススメできる

ではまたっ

視聴できるのは ↓

Amazonプライムビデオ

プライムビデオは、Amazonプライム会員(年会費4900円、月額500円いずれも税込)の目玉特典です。

プライム会員は、追加料金なしでドラマや映画、アニメ、バラエティまで豊富なコンテンツが見放題になるほか、音楽聴き放題サービス「Amazon Music Prime」対象のKindle本が読み放題の「Prime Reading」 など会費内で同時に数多くのサービスを利用できます。

Amazonプライムビデオ であれば無料で視聴できます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる